MyData Weekly Digest をご覧いただきありがとうございます。
MyData Weekly Digest は、人間を基軸としてアプローチする個人情報管理の取り組みに関して、広範囲で最良の情報を提供することに特化したニュースサイトです。MyData Global Slack Channel から取得した情報を中心に、2019年6月から提供しています。投稿とコメントは各エントリに表示されている各ユーザーに帰属しています。
MyDataとは個人情報の倫理的使用についてのアイデアであり、そして革新的なヴィジョンです。また、MyData は社会を変えるムーブメントとコミュニティ活動でもあり、同時に世界的に拡がりつつある非営利組織です。詳しくはこちらのmydata.orgをご覧ください。

OwnYourData と MyDataコミュニティは、持続可能かつ発展し続けるデジタル社会の価値をともに認めています。OwnYourData Mission Statement についての詳細はこちらを参照していただき、MyData ムーブメントへのご支持とご参加をご検討ください。そして提案がありましたら、気兼ねなくweekly-digest(at)ownyourdata.eu までご連絡ください。


お勧めニュース
Amazon のベゾス氏はどのようにしてデータマシンを構築したのか

人間は便利さが大好きで、Amazon は私たちが意識する前に私たちの欲求を先取りする方法にこだわることで繁栄してきました。ここでは、Amazonがどのようにして、なぜあなたに関するデータを収集しているのかについて、非常に詳しいニュースコラムを紹介しています。

OpenMined Privacy Conference (1日目ライブストリーム)

オックスフォード大学のAndrew Trask氏が、文脈におけるプライバシーに関して素晴らしい講演をしてくれました。

COVID19データがGoogleマップにやってくる

Googleは、COVID-19陽性例のコンセンテーションを色分けしてオーバーレイ表示できる機能を提供する予定です。このようなデータは、ジョンズ・ホプキンス、ニューヨークタイムズ、ウィキペディアなどのオープンデータが中心となっています。

カスペルスキーラボによるデータショッピングの社会実験「The Data Dollar Store」

膨大な量のホワイトペーパーや研究、会議などで、個人情報を保護することが重要であるというメッセージが伝えられていました。

アムステルダムとヘルシンキ、AIの公的展開に透明性をもたらすアルゴリズムレジストリを立ち上げへ

欧州の政府はその革新的な頭脳で世界を驚かせないことはありません。そのような登録は市民に力を与え、政府のAI応用を評価したり、調べたり、質問したりする方法を与えることができます。

欧州委員会の「GDPRの2年」報告書

市民のエンパワーメントの柱としてのデータ保護とデジタル移行へのEUのアプローチ:一般データ保護規則適用から2年間が経過しました。

この見落とされた変数がパンデミックへの鍵となる

今、どのように後方からのコンタクトトレースを行うかが問題になっています。鍵となるのは会場ベースのトラッキングで、より迅速かつ簡単にリターンを得ることができます。

Google/Apple Exposure Notification APIを用いた軽便路面電車における近接検知のための測定評価

本稿では、ヨーロッパの通勤電車の標準的なデザインで実施されたCovid-19接触追跡アプリの測定研究の結果について説明する。測定の結果、路面電車ではBluetoothの受信信号強度と携帯電話間の距離にはほとんど相関がないことがわかりました。この論文では、イタリア、スイス、ドイツのアプリで使用されている検出ルールを測定データに適用し、また、これらの検出ルールで使用されているパラメータを変更した場合のパフォーマンスへの影響を特徴付けました。


質問一覧
デジタル政府サービス提供のためのエストニアモデルに関する問い合わせ

デジタル政府サービス提供のためのエストニアモデルに興味がありますか?

これは効率を高め、市民に力を与えることを目的とした分散型のデジタル化されたモデルです。

データを取り戻すのが難しいのはなぜですか?

多くの企業は複雑なプロセスを経ることを求めています。必要な追加情報の量に制限を設定する方法はありますか? アプリベンダーがサブジェクトアクセスリクエストにどのように応答するか に関する研究論文がこの質問に答える可能性があります。


MyData コミュニティからの情報

理事会・監事会

臨時総会 が9月29日(火)に開催されました。

コミュニティ

  • Common Endpoints グループ は 9月30日(水)に MyData Online 2020 のセッション構成について議論し、MyData Operatorsに ディスカッションパネルの招待状を送付することを決定しました。 ランニングメモはこちらからご覧いただけます。

  • MyData4Pandemic グループは 9月30日(水)にPDSの相互運用性と異なる文書のレビュアーの割り当てについて議論するための Web会議を行いました。 議事録はこちらから ご覧いただけます。

  • Alessandro さん#design チャネルでインスピレーションを与えてくれるサイト Decentralization Off The Self を共有してくれました。このサイトでは、デザイン・コンセプトにおける分散型テクノロジーの開発と展開の方法が説明されています。

  • Viivi さんTrustmark の記事で、技術への認証の提供についての議論が盛り上がっていることに注目しています。

  • Ansku さん#design チャネルでテーマ別グループが提供している素晴らしいデザインツールを共有しました。詳細は @Alessandro_C さんが公開しています。

    • マイデータデザインキャンバス
    • COVID-19のペルソナキャンバス
  • Pyrouさん は Global Digital Citizenship の為の Transnational Digital Identity (エストニアの E-Residency のケース) に関する報告書を共有しました。

  • Soenke さん は 宣言のドイツ語版をジェンダーに偏りのないものにするために、ドイツ語版の宣言を若干修正しました。

    現在は一般的な男性のジェンダー用語で翻訳されています。

  • Jogi さんスウォームのベータイベント相互運用性のマイデータの旅に関する彼のプレゼンテーションを共有しました。

  • Alessandro さん はマイデータ原則を実践する MyData Blogの "MyData Design Toolkit" の紹介を投稿しました。

ウィーン・デジタル・アイデンティティ・ミートアップ このゲスト寄稿は Michael Shea 氏によって共有されています。

9月28日(水)開催の第14回ウィーン・デジタル・アイデンティティ・ミートアップ では、教育におけるデジタル識別子と検証可能なクレデンシャルに焦点を当てたセッションが開催されました。Kim Hamilton Duffy氏(デジタル資格情報コンソーシアムのアーキテクト、W3C CCGと教育のための検証可能な資格情報タスクフォースの議長)と Lluis Arińo氏(欧州ブロックチェーンサービスインフラストラクチャのディプロマユースケースの招集者であり、スペインのRovira i Virgili大学のCIO)から2つの素晴らしい最新情報を提供していただきました。 イベント記録へのリンクはこちらから


統計
2327 (17 new)
277 (36 チャンネルモニター中: academic-research, ai-ethics, anewgovernance, board, cities, common_endpoints, communications, community, community-meeting, coronadata, coronavalues, decisions, design, done, economy, event-2020-europe, events-and-meetings, general, health-data, hubs, identity, make-it-happen, media, my-ai, mydata-operators, mydata-presentations, policy, random, reading, startups, steering-group, strategy, thank-you, tools, transparency, welcome)
2267
5 thanked 21