MyData Weekly Digest をご覧いただきありがとうございます。
MyData Weekly Digest は、人間を基軸としてアプローチする個人情報管理の取り組みに関して、広範囲で最良の情報を提供することに特化したニュースサイトです。MyData Global Slack Channel から取得した情報を中心に、2019年6月から提供しています。投稿とコメントは各エントリに表示されている各ユーザーに帰属しています。
MyDataとは個人情報の倫理的使用についてのアイデアであり、そして革新的なヴィジョンです。また、MyData は社会を変えるムーブメントとコミュニティ活動でもあり、同時に世界的に拡がりつつある非営利組織です。詳しくはこちらのmydata.orgをご覧ください。

OwnYourData と MyDataコミュニティは、持続可能かつ発展し続けるデジタル社会の価値をともに認めています。OwnYourData Mission Statement についての詳細はこちらを参照していただき、MyData ムーブメントへのご支持とご参加をご検討ください。そして提案がありましたら、気兼ねなくweekly-digest(at)ownyourdata.eu までご連絡ください。


お勧めニュース
私たちの注意は販売のためにありますか?

一握りの幹部が「注目経済」を支配しています。注意深い抵抗のための時間

Mozilla に新たに設けられた Data Future Lab が、データガバナンスのあるべき姿に関して報告書を発表

Mozilla は、データガバナンスに関する同社の方針、および第一弾となる報告書を公表しました。

次世代インターネットに向けた公共事業の中核技術

Decentrailized Identifierにおける真の相互運用性? サム・スミス氏は、検証可能なデータ入力のための重要なブレークスルーとしてKERIを紹介し、デジタルネットワーク内のすべての署名付き入力に対して1つのDID方式を約束します。

デジタルトランスフォーメーションのためのAPI(Application Programming Interfaces)について

欧州委員会は、デジタル圏でAPIが果たす重要な役割を理解しており、組織での採用の側面を深く理解しています。このJoinUpコレクションでは、これらの側面について調査した一連のアウトプットを紹介しています。

COVID-19のための革新的なデジタルヘルス技術開発のための契約をNIHが獲得

IBMは、オープンソース(ハイパーレッジャー)やオープンスタンダード(w3c)を含む分散型アイデンティティ技術をベースにしたデジタルヘルスソリューションを国立衛生研究所に提供します。これにより、COVID-19パンデミックへの人間中心の対応が可能となります。

データ・スチュワードシップ文献カタログ

John Wunderlich氏は、データスチュワードシップ分野の膨大なプロジェクトや出版物のコレクションを共有しました。

データスチュワードとは、データ要素(コンテンツとメタデータの両方)の適合性を確保するために、組織のデータガバナンスプロセスを活用する責任を負う組織内の役割である。Wikipedia

韓国では、Covid-19はもう一つのリスクを伴います:オンラインでのいじめ

国の広範な対応は世界中で称賛されていますが、ハラスメントや誹謗中傷につながり、プライバシー保護に疑問を呈しています。


質問一覧
GDPRに関する意見交換

Eike さんは GDPRの15、20、29条に関して興味をそそる質問を投げかけています。 彼との実りある議論に興味のある人はいますか? と尋ねています。


MyData コミュニティからの情報

理事会・監事会

コミュニティ

  • Teemu さんは 臨時総会(9月29日火曜日午前9時CEST)の主要な動きと発表を 短いビデオブリーフィング で全員に通知しました。

    • 2019年財務諸表の承認と2019年取締役会の責任の軽減
    • ブランディング規定の承認
    • 行動規範(Code of Conduct)の承認
    • 秋期総会と選挙に関する情報
  • Jogi さんは データガバナンスに関するレポート(オープンデータの責任ある共有を管理するメカニズム: 進捗レポート)を再共有しました。

  • Viivi さんJogi さん が、ガバナンス関連の以下の読み物を共有しています。

  • Paul-Olivier さんは 仲間のメンバーの間で Google / Apple 暴露通知の最新の開発について健全な議論を引き起こしました。

  • Alessandro さんは データスチュワードの設計スペースに関するドキュメントでDesingチャネルに影響を与えました。
    Understanding Data Stewardship - Aapti Institue はリンク先をご覧ください。

  • Alessandro さんは MyData Online 2020 中に設計グループの会議を提案し、来年の活動を計画し、新しい憲章に同意しました。

  • MyData4Pandemics グループは Web 会議を 9月23日(水)に行いました。 議事録はこちらから ご覧いただけます。

  • MyData Operators グループは Web 会議 を9月23日(水)に行いました。 議事録はこちらから ご覧いただけます。

  • Skillsdata は キックオフミーティングを 9月24日(木)に行いました。 Jogiは 動画 で簡単な紹介をしました。スライドが利用可能です。

  • MyData Global のテーマ別グループの1つ、Skillsdataは、9月24日にキックオフ・ミーティングを開催しました。Jogi さんが、グループ設立の背景として、欧州委員会が設立支援する European Data Spaces(企業などがデータを安全に共有できるサイバー空間)推進に不可欠なデータ共有やAIに関する技術習得、人材育成・教育施策について説明しました。こちらから動画スライドをご覧ください。

  • Ansku さんは 仲間のメンバーにエキサイティングなコミュニティニュースを共有するように依頼しました。

    • 大きなことを成し遂げ、認識を得る
    • ブログ投稿/記事/ホワイトペーパーなどを書く
    • ホストまたはウェビナーに参加
    • MyData領域で他の何かを取得しますか? :done:
    • または、来月にMyData関連のアクティビティを整理しますか?
  • Joss さんは MyData Operators のビジョンを広めるために、ハブイニシエーターの仲間にプロフェッショナルサービスを提供しました。 スライドデッキはこちらからご利用いただけます。

資金提供の機会

  • Teemu さんは AIに関する公的および政策的言説に影響を与える可能性のある分野で、資金提供の機会(European AI Fund)を共有しました。
    • 重要なタイムライン:2020年11月1日-資金提供の応募期間は終了します。
    • 助成金の規模:それぞれ20,000ユーロから150,000ユーロの範囲で、総資金予算は最大100万ユーロです。
    • 助成期間:最長18か月

今後のイベント
MyData カレンダー に記された来週のイベントは以下の通りです.

統計
2311 (11 new)
275 (36 チャンネルモニター中: academic-research, ai-ethics, anewgovernance, board, cities, common_endpoints, communications, community, community-meeting, coronadata, coronavalues, decisions, design, done, economy, event-2020-europe, events-and-meetings, general, health-data, hubs, identity, make-it-happen, media, my-ai, mydata-operators, mydata-presentations, policy, random, reading, startups, steering-group, strategy, thank-you, tools, transparency, welcome)
2855
3 thanked 14