MyData Weekly Digest をご覧いただきありがとうございます。 show more >>

ウィークリーダイジェストをメールで受け取るには: 購読

お勧めニュース
失業者が目の当たりにするコロナウイルスによる経済の停滞

コロナウイルスは未曾有の勢いで、経済の至るところに爪痕を残しています。この記事では、請求の支払い、日々の充足、直面する経済の劇的な変化などを、9人の人々が語っています。

成果駆動イノベーションを用いて、Jobs-To-Be-Done理論を実践に移す(約44分の動画)

Tony Ulwikは、体系的なイノベーションアプローチの知見では、世界で最も認められている専門家の1人です。彼のメソッドをまとめた動画です。

Atlas of Surveillance

EFFとネバダ大学の間でクラウドソーシングされた取り組みの結果、警察の監視戦術を可視化する全国地図が作成されました。「Atlas of Surveillance」は、検索可能でインタラクティブな警察の監視データベースを提供するようになりました。

持続可能なデータ機関の設計

データ機関は、多くの場合、公共、教育、または慈善目的に向けて、他の人々のためにデータを管理することを目的とする組織です。これらの機関がその目的を達成するには、持続可能であることが不可欠です。

EUの司法裁判所は米国による行き過ぎた情報監視が権利侵害だとして「プライバシーシールド」を無効化

EUの司法裁判所(CJEU)は、米国が同国の国家安全保障局(NAS)の監視から米国企業が有する自国民以外の情報を保護していない、としてEUと米国の間のデータ共有に関する枠組み「プライバシーシールド」を無効にしました。Facebookなどの米国企業は、EEA域外へのパーソナルデータの移転を特別に認めるGDPR(一般データ保護規則)の標準的契約条項(SCC:Standard contractual clauses)を締結できなくなります。併せて、EU司法裁判所は、GDPRの適用を行うべき欧州委員会および、アイルランドのデータ保護委員会(Irish Data Protection Commission)などにGDPRを形骸化させないようにその責務を果たすよう求めています。

公平性の制約(Fairness Constraints)によるネットいじめの検出

ネットいじめは、今日のデジタル社会におけるオンライン社会的相互作用の中で広く見られる有害な現象です。多くの計算科学は機械学習アルゴリズムを用いたネットいじめの検出パフォーマンスの向上に焦点を当てていますが、そこで提案されたモデルは、意図しない社会的偏見をもたらす傾向にあります。この研究では、「公平性の制約を備えたトレーニングによってモデルを導出することで、ネットいじめ検出モデルの意図しないバイアスを軽減できるか」という調査質問に答えようとします。

ティム・バーナーズ・リーが訴求:COVID-19時代、パーソナルデータをオンラインで共有する方法の変更が必要に

パーソナルデータを整理、共有するための新しいアプローチがいかに急務であるかと、ティム・バーナーズ・リー卿は訴えています。


MyData コミュニティからの情報

理事会と監事会からのお知らせ

コミュニティ


統計
2229 (7 new)
274 (31 チャンネルモニター中: ai-ethics, anewgovernance, board, cities, common_endpoints, community, community-meeting, decisions, design, done, economy, event-2020-europe, events-and-meetings, general, health-data, hub-initiators, identity, make-it-happen, media, my-ai, mydata-operators, mydata-presentations, policy, random, reading, startups, strategy, thank-you, tools, transparency, welcome)
1979
3 thanked 4

ウィークリーダイジェストをメールで受け取るには:

すべてのメールの最後にあるシングルクリックで、いつでもサブスクリプションをキャンセルできます。 私たちはあなたをスパムしません!